FC2ブログ

72.ITパソコングラフィック専攻科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習成果発表会

平成30年3月2日(第39回目の授業)
学習成果発表会
 3学期最後の授業です。
PCグラフィック専攻科授業も、今日が最後です。
今日のテーマは、専用アプリを使った、TOLOTと
2学期で習ったGIMP作品を個人発表しました。

【発表風景】

GIMP画像
9月8日写真2

TOLOT 画像
1月12日写真2

1月12日写真1

作成者各自が作品の工夫内容を発表
3月2日作品発表1
GIMPの作品集
3月2日作品3

GIMP A.B.C.D.各班で展示
3月2日作品11

3月2日作品8

3月2日作品7

3月2日作品10

TOLOT 作品はGIMP写真編集してアルバム作り
各自のPC画面、アルバム完成作品を順次見て廻る
皆さん素敵な作品集でした、修了した後も継続して
忘れないように、ソフトを使っていきたいです

3月2日作品2

無題

最後のブログ発信です。
3月9日は修学旅行バスツアーです
3月12日は修了式です
この1年間、森田先生、CDの皆様、クラスの皆さん大変お世話になりありがとうございました。
                (D)




スポンサーサイト

写真アルバムを作ろう⑤

2018年2月16日(金曜日)
TOLOT最終回

TOLOTでフォトブック発注の方法を学習しました。

講師提供、学習資料P6~P9

1.編集内容の確認と注意
2018-2-16-1.jpg

「おまかせ補正」(新機能)
注文画面の途中で「おまかせ補正」設定画面が出てくる。
おまかせ補正は、TOLOTのソフト側で色合いを自動調整
する機能。
GIMPなどで色補正をしている場合は、オフの方が良い。
デフォルトではオンになっている。
2018-2-16-2.jpg

2.注文者情報の入力
2018-2-16-3.jpg

3.支払い
プリペイド式電子マネーWeb Moneyが利用できる。
Web Moneyの番号を他の人に知られてしまうと、
使用されてしまうおそれがあるので管理には注意が必要。
2018-2-16-4.jpg

4.強制終了について
①TOLOTで支払い画面までいくと、戻るボタンが表示されない。
  この場合、TOLOTプログラムを強制的に終了する。
    1) Ctrl + Alt + Delete の各キーを押したまま順番に押す。
    2) タスクマネージャーを選択
    3)タスクマネージャーのタブにTOLOTプログラムがあるので、
    クリック
    これでTOLOTプログラムは終了する。

② 1) Ctrl + Alt + Delete の各キーを押したまま順番に押す。
     2)タスクの終了を選択する。
     初期画面に戻る。

③以上でだめな場合は、電源ボタンを長押しする。

強制終了すると、それまで作成したデーターは保存されない。

5.TOLOTの他の商品について。
   卓上カレンダー 毎月カレンダー ポストカード
   TOLOT Squareなど
   フォトブックで検索すれば、「しまうまプリント」
   など他のフォトブック作成ホームページがある。

フォトブックは、5日から2週間で、クロネコDM便で
送られて来ます。
完成したアルバムを見るのが楽しみです。

           (C)













写真アルバムを作ろう④

2018年2月9日(金曜日)

TOLOTでの写真アルバムの作成がいよいよ完成
段階に入りました。


TOLOTでの写真アルバム作成は、授業で使用
しているPCで作成しなければならないので、
本日は完成に向けて各自熱心にPCに向かいました。


アルバム④-1


講師からの注意事項

1.プレビュー画面で作成エラーが出た場合について。
  TOLOTでアルバムを作る時に使用した写真がある
  フォルダ(フャイルの所在場所)から写真を削除、
  移動すると正常に表示や注文ができない。
  SDカードやUSBメモリーから直接写真を取り込んだ
  場合には、それをPCから抜かない。
  (画像をUSBからPCにコピーして、TOLOTに取り入れる方が良い)
 

アルバム④-2

2.TOLOTのページの見開きについて
 見開きページは、プレビュー画面では折り目の所で
 画像が一部二重になっている。

3.表紙に文字を入れる場合について

4.同じ内容のアルバムは4冊まで同時に注文できる。
(1つの発送先登録で4冊まで送ることができまる。)

次回は、最終回フォトブックの発注です。

                                (C)

写真アルバムをつくろう③

2018年1月26日(金曜日)

 Tolotを使った写真集の作り方について一通り学んできたので、
今日は講義を受ける形式ではなく、各自実践の時間とし、
それぞれが構想しているイメージに沿って(Gimp等を使って画像の制作、Tolotへ画像の取り込み、ページごとに配置、或は表紙の選択等)写真集づくりを開始した。

しかし、いざ実践してみると気が付かなかった不明な点等が続出、その都度森田先生の個別指導をみっちり受けた。

なお、写真を多数取り込んで選択が難しい!、写真を選び直したい!との声があり、そんな場合の「写真の削除の仕方」について先生から講義を受けた。
1)「選んだ写真」の削除の仕方
 「写真を追加」⇒「いらない写真右上×印」⇒「決定」⇒「写真を並べよう」に戻り、削除されている。
なお、利用中の写真の場合は「利用中写真の削除」確認の画面が出てくる。
2)「選んだアイテム」の削除の仕方
 「アイテムの追加」⇒アイテムを選ぶ画面で、アイテム下部の「チェックマークをはずす」⇒「決定」⇒写真を並べように戻り、確認すると削除されている。

<教室風景>

1)先生の個別指導
個別指導風景10

2)Gimpで画像制作中
gimpで制作中2

3)パソコンから写真を撮り込み
3

4)取り込んだ写真を各ページに貼り付け
写真を並べよう10

(B)

写真アルバムを作ろう②

2018年1月19日(金)
GIMPを使ったTOLOTフォトブック画像の作り方

今回はTOLOTフォトブックの作り方の復習と、GIMPを使ったTOLOT用の画像データの作成方法を学んだ。

1. TOLOTフォトブックの作り方の補足説明
①表紙のデザイン選択で写真枠付き表紙を選択すると表紙に画像が挿入できる。
②表紙・奥付編集でタイトル・説明文を入力すると、タイトルは表紙、中表紙(1)、奥付(64)に印字される。作成者などは奥付に印字される。
③2~63ページに画像を挿入する。
④画像はTOLOT推奨画像サイズを使用するのが望ましい。画像は枠内で自動伸縮して調整されるが、次の点に留意する。
・画像サイズが小さいと引き延ばして印字され、画像が劣化して荒くなる。
・横長の画像は上下の空白が大きくなる。
⑤TOLOT推奨画像サイズは次のとおり。
・約300万画素(縦2122ピクセル×横1530ピクセル 72dpi)
・表紙用画像のみ(縦1147ピクセル×横1147ピクセル 72dpi)
上記はA6サイズのフォトブックに印刷する際、適切な形に変換される。
上記サイズは上下左右に3mm(約42ピクセル)ずつの裁ち落とされる部分も含む。

2. GIMPを使ったTOLOTフォトブック用画像の作り方
2.1 GIMPを起動し、A6サイズの新しい画像を作成する。
①【ファイル】⇒【新しい画像】⇒新しい画像を作成ダイアログが表示される。
②キャンバスサイズに幅1530、高さ2122と直接入力しpxを指定する。
 1530×2122ピクセル、72dpi、RGBカラーと表示されることを確認。
③【OK】でA6の白紙キャンバスが作成される。

図1.A6サイズキャンバス作成ダイアログ
A180119-1キャンバスサイズ

2.2 白紙キャンバスに写真などの素材を開き調整を行う。
①【ファイル】⇒【レイヤーとして開く】を選択して、写真Bを選択する。
②キャンバスに対して写真Bのサイズが小さいので周囲に余白が残った。

図2.キャンバスサイズより写真サイズが小さい場合
A180119-2写真素材を置く

③「余白の美」としてこれでOKとしてもよい。
④余白を埋めたいならGIMPのブレンドツールでキャンバスにグラデションを描く。
⑤または、文字ツールで空白部分に説明文を入れる。
⑥または、別のレイヤーとして写真Cを追加し、縮小、移動などで配置調整する。

図3.授業風景(キャンバスにグラデションを描いた場面)
A180119-3授業風景


2.3 TOLOT用に作成した画像の保存
①TOLOTアプリはJPGファイルしか読み込めないので、GIMPで作成した画像をJPGでエクポートして保存する。
②今後の修正に備えてGIMP形式(xcf)でも保存しておく。

この授業のおかげで写真の整理が少し出来ました。今、手元にある写真は横構図の写真が大部分です。GIMPを活用しながらTOLOT用画像を編集して、満足できるフォトブックを作ってみたいと思うようになりました。
           (A)


 | HOME |  »

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。