FC2ブログ

72.ITパソコングラフィック専攻科

GIMP画像制作⑤


10月27日(金)

今回は、1.グラデーションの描画
             2.オリジナルグラデーションの作り方
                を学習しました。

1. グラデーションの描画
(写真①②を参照)

(1)「ブレンドツール」をクリック
(2)グラデーションの色の種類を選択
(3)グラデーションの形状の種類を選択
(4)レイヤーでクリックしドラッグするとグラデーションが描ける

2017-10-27-1.jpg
 写真①

2017-10-27-2.jpg
写真②


2. オリジナルグラデーションの作成
(写真③~⑧参照)

講師配布資料から
(1)グラデーションタブをクリックして、グラデーションを設定する
    ウインドウを表示。
(2)グラデーション設定ウインドウ下部の「新規作成」ボタンを
    クリックし、グラデーションエディターを表示。
(3)グラデーションエディターの中で右クリックして「セグメントの
    均衡分割」 を選択。
(4)分割された各セグメントの色を指定する。
    セグメントを選択して右クリックし、変更したい箇所の
    「色の指定」を選択する。
    分割した各セグメントの左右の色を指定して変更し、保存。

2017-10-27-7.jpg
写真③

2017-10-27-8.jpg
写真④

2017-10-27-9.jpg
写真⑤
セグメントの選択は、そのセグメントをマウスでクリック
しますが、クリック時にはカーソルが動かないよう軽くクリック
する。(カーソルが動くと選択できない)


2017-10-27-10.jpg
写真⑥

2017-10-27-11.jpg
写真⑦
「左終端色の読み込み元」を選択すると左右のセグメントの
境界が見えなくなる。


2017-10-27-12.jpg
写真⑧
グラデーションのテクニックを応用することで、立体感を出すことができる。

次回は高大祭です。グラフィック科の作品を見て頂きましょう。
(C)









スポンサーサイト



GIMP画像制作④

GIMP画像制作④
10月20日(金)


今回の講義では下記のことを学習しました。

1. 不透明度の調整
画面右上の「不透明度」のバーを調整することにより、
対象レイヤーの透明度を調整することができます。
透明度を上げれば、下のレイヤーが浮き出てきます。

GIMP④-1


2. レイヤーモードの選択
通常は、「モード」は標準になっている。
右端の▽(下向き印)をクリックしてレイヤーモード
を選択する。
GIMP④-2


3. テクスチャー(質感・材質感)のレイヤーを作成。
テクスチャーレイヤーを作成し、透明度で調整する。
変わった雰囲気を出せる。
GIMP④-3
(講師提供のテクスチャー)

GIMP④-4
(写真はテクスチャー使用例)


4.完成作品のプリントアウト

講師から配布された資料から。
GIMPから直接印刷を行うとうまくいかないことが多い
のでGIMPで作った画像を汎用的な画像データー
(png形式、jpg形式など)としてエクスポート(出力)し、
エクスポートした画像ファイルを画像表示ソフトで開いて
印刷する。

GIMP④-5

(写真ではpng形式で出力設定がされている)



高大祭まで、授業はあと1回、来週の授業には作品を
ほぼ完成させて持っていく必要があります。焦ります。
(C)





第7回スポーツ交流大会


7回 スポーツ交流大会

テーマ 元気に輝く仲間たち!!

日時 : 平成291011日(水)10001500

会場 : 大阪市中央体育館(メインアリーナ)

1000 開会式 和田理事長挨拶・選手宣誓・

    校歌斉唱・準備体操 
1スポーツ交流大会開会式
スポーツ交流大会開会式和田理事長挨拶・選手宣誓 
競技準備2
                                                                                                 

ニュー・スポーツ (競技準備)

 
競技準備

競技準備3CIMG0739

 

授業曜日対抗 ニュー スポーツ フープディスゲッター

 
ニュー・スポーツ 曜日対抗戦

フープディスゲッター  


ダーツの旅?                    
ダーツ

ラダーゲッター
ラダーゲッター2

 

輪投げ大会?
輪投げ

 

1225 河内音頭お囃子応援ありがとうございました  
河内長野音頭

河内音頭踊りCIMG0775

 

汗を流し一生懸命です、踊った後の皆さんのお顔は爽快でしたよ。
河内音頭踊り子

 

曜日対抗玉入れ合戦、皆さん必死にかごに入れていました、明日腕が痛くならなければ良いが…
玉入れ  
体力測定                        
体力測定

血圧測定
体力測定血圧測定

ツーステップ総合力                 
ツーステップ総合力




ファンクシヨーナルリーチ
菌ファンクショーナルリーチ平衡性

 

【養父市】特別参加安全・安心の農業特産品の     
     販売と観光

 養父市農業特産品の販売

生きくらげ(国産は珍しく思わず買いました)
生きくらげ


シロップ類                     
シロップ類

ジャガイモ・サツマイモ・玉ね
ジャガイモ


14
45 閉会式・成績発表・表彰式 優勝カップ
キャプチャトロフイー

 

1500終了

秋晴れの清々しいお天気に恵まれ、始めての会場でしたが無事に終わりました。
係りの方大変お疲れ様でした。

                       (D)

 


続きを読む »

GIⅯP画像制作③

10月6日(金)

<画像の切り抜き~作品ファイルの作成~作業ファイルを作品ファイルへ読み込み・編集>

前回は、電脳ハサミを使って花の画像を切り抜き、コラージュを作成する手順を学んだが、この手順はGIMP作品を制作するうえで非常に重要な工程であり、今日の授業はこれを習熟するため、改めてその復習から始まった。

1.作業ファイルの作成(復習)
5種類の花の画像から必要部分を切り抜き、XCFファイル(作品の素材)として名前をつけて保存する作業を行った。未だ戸惑う面もあるが、相当程度まで理解を深めることができた。

2.作品ファイルの作成・編集等
1)ファイルの「新しい画像を作成」を開き、テンプレートから高大祭で発表の作品の大きさ(キャンバスサイズA4、横)を選択して、作品ファイルを作成、名前をつけて保存
ブログ写真1 20171006

2)先に作成したXCFファイル(作品の素材)を「レイヤーで開く」により順次読み込み、また不要となっているレイヤー(切り抜き前の画像)を「レイヤーの削除」でゴミ箱へ、そしてこの作品ファイルを(上書き)保存
ブログ写真2 20171006

3)読み込んだXCFファイル(作品の素材)について色々のツールを活用(拡大・縮小、移動、回転等)して思うような形に仕上げ・整えていく手順を、その際の作業性を考慮してレイヤーの統合・複製の仕方についても学んだ。
ブログ写真3 20171006

今日の授業を境に、皆の気持ちは一斉に高大祭展示作品づくりへと動き出したように感じるのは、私だけではないようだ。
(B)

9月29日 GIMP画像制作②

図形の描画

 GIMPの授業も3回目になりました。最初はGIMPの授業が楽しいという人と、難しいという人に分かれていましたが、レイヤーの授業に入って難しいという人が多くなったようです。今日の授業は前回のレイヤーの基礎を復習をしながら、お絵描きツール(エンピツ、ブラシ、エアーブラシ、消しゴム)による描画と画像の切り取りツール(電脳ばさみ)によるコラージュ画像の作成方法を学びました。

図1.授業風景に花をコラージュ
A0929-1授業風景と花

1.レイヤーとは
 レイヤーとは画像の「層」とか「階層」の意味があります。四角い透明のガラス板の上に図形を描き、それを何層にも重ねて上から見て一枚の画像として表現する。アニメのセル画と同じ原理です。レイヤーを使うと次のようなメリットがあります。
・描き直しが楽になる。
・画像の使いまわしができる。
・画像の配置(移動)が楽になる。
・レイヤーごとに、効果を加えることが出来る。

2.コラージュとは
 糊で貼り付けるという意味のフランス語。写真、印刷物、映像などを「切り貼り」することによって作られる近代的アートの一種。特定の意図をもって画像を改変する行為、またその結果によって作成された画像のこと。

3.「電脳はさみ」による画像切り取り方法
(1)画面の上部メニューの「ファイル」⇒「開く/インポート」⇒授業風景(JPG)写真を選択⇒ 
背景レイヤーが作成される。 
(2)上部メニューの「ファイル」⇒「レイヤーとして開く」⇒レイヤー1赤花(JPG)写真を選択
⇒レイヤー1赤花レイヤーが作成される。
(3)ツールボックスの「電脳ばさみ」クリック
①切り取りたい部分を一筆書きの要領で輪郭に沿ってクリックしていく
 (白い点で輪郭を囲む)最後の終点を起点に重ねて選択完了(図2)

図2.切り取り部分選択
A0929-2切取輪郭

②Enterキーを押す
 白い点が点線に変わる。点線にならないときは失敗で、Escキーを押し最初からやり直す。
③上部メニューの「編集」⇒「コピー」
④上部メニューの「編集」⇒「貼り付け」  
 フローティング選択範囲(貼り付けられたレイヤー)のレイヤーが追加される。(図3)

図3.レイヤーウィンドウの表示
A0929-3電脳レイヤーW1

⑤追加されたレイヤーで右クリック⇒「新しいレイヤーの生成」をクリック
 する。レイヤー名が「貼り付けられたレイヤー」に代わる。
 他のレイヤーの目を閉じて赤花が切り取られたことを確認する。(図4)
⑥次に備えてレイヤー名を分かりやすい名前に変更しておくと良い。

図4.赤花の切り取り成功!
A0929-4電脳レイヤーW2

(4)同様に黄花を切り取る。
(5)「ツールボックス」の「拡大・縮小」「移動」ツールで図1を完成させる。
(6)画像をJPGで保存する。
①上部のメニューの「ファイル」⇒「名前を付けてエクスポート」。
②エクスポート画面が表示され、画像のファイル名を入力し、保存先を選択。
③画面下部の+ファイル形式の選択で「jPEG画像」をクリック。
④画面最下部の「エクスポート」ボタンをクリック。
⑤さらに確認のポップアップで「エクスポート」をクリック。
⑥保存先フォルダーに正しく保存されたことを確認。

              (A)


 | HOME | 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR