FC2ブログ

72.ITパソコングラフィック専攻科

立体感を演出する機能

11月17日(金)
教室での授業は、10月27日以来の3週間ぶり。
例年より1ヶ月早く開催された高大祭(作品展示)を無事乗り越え、少し気が緩んでいる雰囲気の中で森田先生の出欠確認が始まった。

今日の授業ではGimp作品づくりにおいて、さらに「もう一工夫」が求められる際に欠かせない立体感を出すための「影をつける機能」と「変形する機能」を中心に学んだ。

1.ドロップシャドウ
影を落とすことで光の方向、地面の位置を認識させられ、画像により一層立体感が生じてくる。Gimpには影を落とす機能として、「ドロップシャドウ」と「遠近法」の二つがある。

ボールの画像(レイヤー)を選択して、メニューバー「フィルター」の「照明と投影」の中にある「ドロップシャドウ」をクリックし、表示された「ウィンドウ」に適当な数字を打ち込んでOKしてみると、前方上からの光によるボールの影が簡単に出来上がった。
キャプチャ01

ここで先生から①背景は白の塗りつぶしで設定すること、②ドロップシャドウの「ウィンドウ」が隠れることがあるので、その場合は表画面をずらしてみること、などとアドバイスがあった。

2.遠近法の活用
1) ボールの影の変形
「遠近法」を使うことにより、もう少し違った見え方を演出することができる。

影(ドロップシャドウ)のレイヤーを選択したうえで、ツールボックスから「遠近法を選択」しキャンバス上でクリックすると影の上に「格子状の枠線」と「ウィンドウ」が現れる。そこで枠線の角を掴んで動かしてみると影の形が変化するので、好きな形になるよう動かしてみた。
キャプチャ58

そして「遠近法のウィンドウ」の「変形」をクリックすると、次の画像のように影が斜め右下の位置に表れ、左上前方から光がボールに当たっている状態を表す(変更する)ことが出来た。
キャプチャ59

2) 奥行き・向き等に違和感を生じさせない画像の一体化も可能
「遠近法」を使えば、影をつけることも可能だし、また、影の形を思うように変更することも可能だということが分かった。

しかし、今日の講座で最も強く心に残ったのは、遠近法(変形)の機能と合わせて拡大・縮小、移動等も使って、画像Aの中の「グリコの看板」を画像Bの「受講生募集の看板」に掛け替え、「違和感が全くない合成画像」を作成することができることである。

<画像A>グリコの看板
3-1 グリコ看板

<画像B>受講生募集案内
3-2 受講生募集


① 新しく画像を開き、そしてまず画像Aと画像Bをそれぞれレイヤーとして開く。
キャプチャ60

② 次に画像Bのレイヤーを選択したうえで「ドロップシャドウ」の下にある「遠近法」をクリックすると、画像B「受講生募集」の上に格子状の枠線(と遠近法のウインドウ)が現れる。その枠線の角を掴んで動かし、グリコの看板と同じ大きさ・形となるように拡大・縮小、移動などの機能も使いながら試行錯誤を繰り返す。同じ大きさ・形ができたらグリコの看板の上に重ねる。
キャプチャ63

キャプチャ69

③ そして「遠近法のウィンドウ」の「変形」をクリックすると、奥行き・向きなど周辺の建物・看板等との違和感が全くない、立体感をもった「受講生募集」の看板に掛け代えることが出来た。これは面白い。
キャプチャ72

3.テキスト入力の方法
テキスト入力については次回講座で詳しく学ぶことになるが、それに先だって今日は、スムーズに文字入力(ツールボックスのAをクリック)ができるようにするための注意点を学んだ。
① 入力文字のフォント等の指定は、原則として「ツールオプション」で行うこと。
② 最初に設定されている文字サイズでは字が小さくて見え難いので、フォントを大きく設定してから入力した方が作業しやすいこと。
③ テキストだけのレイヤーが自動的に作成されるので、何回でも変更が可能であること。

今日は、Gimpの優秀さ、そして面白さをも感じられた授業であった。

(B)
スポンサーサイト



第9回 高大祭

平成29年11月8日(水)
 平成29年度「第9回高大祭」は、大阪のシンボル大阪中央公会堂という素晴らしい会場で、盛大に開催されました。当日は10時開演にもかかわらず、会場には朝早くから沢山の人が詰めかけて、2階と3階の各展示ブースは大勢の人で身動きが出来ません。やっとのことで3階中集会室のITPCグラフィック専攻科の展示ブースに辿り着きました。我がクラスは「GIMPを楽しもう!」をテーマに、GIMP作品の展示です。今年は制作期間が短くぶっつけ本番の作品作りでしたが、クラス全員の作品が勢ぞろいした光景を眺めると感慨もひとしおです。

クラスポスター
A1108-A0ポスター

A班作品
A1108-A1.jpg
A1108-A2.jpg

B班作品
A1108-B1.jpg
A1108-B2.jpg

C班作品
A1108-C1.jpg
A1108-C2.jpg

D班作品
A1108-D1.jpg
A1108-D2.jpg


大ホール(1階大集会室)では10時の開会式に引き続き、コーラス、合唱などの演芸が発表されました。ここも満員ですが、演目毎に入れ替えがあり、座席に座ってゆったりと楽しく鑑賞できました。

南京玉すだれ(10:55~11:10) 南京玉すだれ会
A1108-E1.jpg

ミュージカルソング(16:00~16:15) 江本あきこ講師
A1108-E2.jpg

社交ダンス(16:30~16:45) タナカヒデカズ・ダンスワールド
A1108-E3.jpg


大阪の知と文化と歴史のシンボル、大阪中央公会堂という素晴らしい会場で展示発表できました。旧友とも再会できました。大変込み合いましたが各講座の展示発表、バザー、演芸など、クラスメイトと楽しい一時を共有して過ごせました。高大祭運営の皆さま大変お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
              (A)

 | HOME | 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR